Loading...

トカチのカタチ 庭十勝

十勝・帯広で庭・エクステリアの設計・施工・メンテナンスを行っています。あなたの思いをカタチにするのが得意な会社です。豊富な事例の数々はお客様の思いの結晶です。お庭のすべてをお任せ下さい。

  1. Home
  2. Topics
  3. 2020.03.20 庭縁記
16

2020.03.20 庭縁記



伐採自体の作業は終わりました。
今日は片付け作業です。



かなり細かいクズなどが出るので後の清掃が大変なのです。



後片付けは二日を要しました。



雪解けが例年より早く作業は楽ですが、本数が本数だけに大変ですね。

例年よりも暖かいんじゃないかなと調べてみたら、最高気温はそんなに変わらない感じなんですが、最低気温は平均を大きく上回っている数字でした。
暖かいというより寒くないという感じなのでしょうか。
先日の雨で部分的にシバレも緩んで雪解けも早く進んでいる印象です。
雪解けもそうですが、私共の本格的な仕事に関しては、シバレが抜けて乾いてからのスタートなんです。
この業種にとっては売り上げにも大きく響くと言う切実な事情もあるので気温や降雨には敏感なのです。
あと何度か雨が降ってくれれば出だしも早くなるのですが。

余談になりますが、早まって土を掘ると氷の壁にぶつかります。
その氷をを突き破って掘りすすめると、そこをめがけて水が吹き出してきます。
工事はストップ。
嫌な思い出です。
焦りも禁物という教訓です。

For one swallow does not make a summer, nor does one day.
                             Aristotle



top photo:アカアゲラ
近場で目にする機会の一番多いキツツキの仲間です。
餌台にも来てヒマワリのタネをつつく姿を見かける他、エゾリス用に置いてあるチョウセンゴヨウマツの松かさから実だけを器用にくわえて行ったりします。
赤・黒・白の目立つ色彩で飛翔する姿も優雅です。

枯れ木などに穴を掘って営巣し子育てします。
毎年では無いですがミーナの庭でも子育てが観察できる年もあります。

この巣はその年1回しか使わないので、ミーナの庭ではこの古巣はエゾモモンガが使ったりしています。
むかしむかしから続く有効利用です。

ミーナの庭にて

このページをシェア

Menu