Loading...

トカチのカタチ 庭十勝

十勝・帯広で庭・エクステリアの設計・施工・メンテナンスを行っています。あなたの思いをカタチにするのが得意な会社です。豊富な事例の数々はお客様の思いの結晶です。お庭のすべてをお任せ下さい。

  1. Home
  2. Topics
  3. 2021.11.30 庭縁記
434

2021.11.30 庭縁記

歯科医院のお庭


作業は以前にあった巨木の抜魂からスタートしました。

立地は全体が住宅の北側になり、日陰の庭になります。


敷地内の高低差を消化するために煉瓦の擁壁を設けました。

溶鉱炉で使われていたリユース煉瓦を積みました。

笠石もグレー色の古釜リユース煉瓦です。

このお庭のデザインの骨格となっています。


園路も笠石と同じ煉瓦です。

厚みがあるので目地の意匠が色々できるいい煉瓦です。

園路とテラスで貼りパターンと目地を変えています。


園路の目地はモルタルで深目地として砕石で化粧します。

テラスの目地は土目地で植生を施します。




修景マルチングは三種類の石材を使用しています。

庭全体にメリハリが感じられるようになりました。


今期の完成になります。

客土部分は宿根草を来春植栽します。


園路部分は植栽樹木の成長と共にいい感じになっていきます。

今から待ち遠しい。




夕暮れの景観。

今期にアイアンの街灯が2基設置されます。現在鋭意製作中です。

来春の宿根草の植栽を経て、樹木が緑になった頃に事例集の方にアップさせていただきます。

植栽のあるお庭は年月を経るごとにいいお庭になっていきます。

このお庭も一生関わっていくお庭になると思います。



********************************************
サムネイルの画像>>
「ミーナの庭のエゾリス」
今年で何代目のエゾリスでしょうか。
寿命は3年と聞いたことがあります。
毎年それぞれが色々な個性を見せてくれます。
ミーナの庭は元々は農家さんの畑のあった場所。
コツコツと木を植えてここまで来ました。
三年目くらいからエゾリスが遊びに来てくれるようになり、
5年目からは子育てもするようになりました。
その頃からエゾモモンガも住み着くようになりました。
スピードはゆっくりですが
だんだん理想の場所に近づいていきます。
今日より明日、今年よりも来年が楽しみな
そんな場所です。



このページをシェア

Menu